データ復旧業者に関する意識調査【2021年5~6月分】

データ復旧に関する意識調査
目次

データ復旧およびデータ復旧業者に関する意識調査について

データリカバリー比較センターにおいて、『データ復旧およびデータ復旧業者に関する意識調査』をWEB上で実施しましたので、その結果をお伝えいたします。

今回は初のWEB調査で、普段からパソコンやスマホを取り扱う10代~70代の一般の方にアンケートに協力していただきました。

【調査目的】
データ復旧およびデータ復旧業者に関する一般人の意識を調査することによるサービスの向上
【調査方法】
外部Webアンケート調査および当社の独自調査
【調査の対象】
全国の20代~70代のPC・スマホを利用する方
【対象者数】
有効回答数:300名
【調査期間】
2021年5月27日~6月3日

調査対象者(300名)の属性について

Q1.性別・Q2.年齢

意識調査の対象者の属性、Q1性別、Q2年齢
意識調査の対象者の属性、Q1性別、Q2年齢

Q3.お住まいはどちらですか?

Q3.お住まいはどちらですか?
Q3.お住まいはどちらですか?

Q4.今までにデータを消失したり、データが取り出せない事で困ったことはありますか?

Q4.データ消失、データ取り出せない等で困ったことは?
Q4.データ消失、データ取り出せない等で困ったことは?

今回のアンケート調査では、データ消失やデータを取り出せないトラブルにあい、困った経験のある人224人で、およそ74.6%でした。

Q5.もし突然、大切なデータを消失したり、取り出せなくなった場合、どうされますか?
(複数回答)

Q5.もし突然大切なデータを消失、取り出せなくなった場合どうされますか?
Q5.もし突然大切なデータを消失、取り出せなくなった場合どうされますか?

あきらめる」人が最も多く135人、次に「データなどに詳しい友人・知人に相談」が112人、「自分で直す」が98人と続きます。
そして、「データ復旧会社に相談する」が70人、「データ復旧ソフトを使って直す」が62人でした。
以外とあきらめてしまう人が多く、自分の周りで直そうという意識があるようです。

Q6.データ復旧会社を選ぶ時に重視するのは何ですか?

Q6.データ復旧会社を選ぶ時に重視するのは何ですか?
Q6.データ復旧会社を選ぶ時に重視するのは何ですか?

最も多かったのが「料金」、次に「復旧会社の口コミ・評判」、そして「データ復旧の実績」、「会社の知名度」、「データ復旧の技術力」と続きます。
やはり料金は気になるようです。

Q7.今までにデータ復旧会社にデータ復旧を相談もしくは復旧依頼したことがありますか?

Q7.今までにデータ復旧会社にデータ普及を相談、依頼したことがありますか?
Q7.今までにデータ復旧会社にデータ普及を相談、依頼したことがありますか?

今回のアンケート調査では、300人中37人とおよそ12.3%でした。
先のアンケート調査結果と合わせると、実際にデータ消失やデータが取り出せない場面では、「料金が気になるので、自分の周りで何とか収めたい」という意識のはたらく可能性が高いようです。

Q8.データのバックアップを行う周期は?

Q8.データのバックアップを行う周期は?
Q8.データのバックアップを行う周期は?

一番多かったのが、1年以上(89人)、2番目が半年以上~1年未満(67人)、3番目がやったことがない(53人)でした。
全体的に日々のデータのバックアップに対する意識は低いようです。

Q9.良いと思うデータ復旧会社はどこでしょうか?

Q9.よいと思うデータ復旧会社はどこでしょうか?
Q9.よいと思うデータ復旧会社はどこでしょうか?

認知度通りの結果になりました。

1位、2位の「Buffalo」、「ロジテック」はパソコン周辺機器総合メーカーとして認知度が高く、パソコンを使っている方でしたら、Wi-Fiルーター(AirStation)、ハードディスク・SSDなどを利用している方は多いでしょう。

3位の「日本データ復旧サービスセンター(AOS)」は「データ復元ソフト」や「データのバックアップソフト」、「パソコン引っ越しソフト」等で知名度の高い会社です。

4位はデータリカバリー比較センターが特におすすめする「アドバンスデザイン」。
本格的な技術が必要とされるデータ復旧では、6位の「A1データリカバリー」と双璧です。

5位は「データ復旧センター」ですが、情報が少なく当サイトでは判断しかねますが、データ復旧センターという屋号はいくつかあります。

6位は3社あります。

まず、福岡の「データレスキューセンター」。
株式会社アラジンのサービスで、「アドバンスデザイン」や「A1データリカバリー」と同じ一般社団法人日本データ復旧協会の常任理事です。

次に「データリカバリーサービス」あるいは「デジタルデータリカバリー」のことです。
パソコンやスマホで、「データ復旧、「データリカバリー関係のキーワード」で検索すると、必ずと言っていいほど広告が出てくるので、業界内での知名度はおそらく№1の業者ではないでしょうか。

最後に「A1データリカバリー」。
「アドバンスデザイン」とともに業界最古参のデータ復旧業者で、技術と実績の豊富なデータ復旧会社です。

調査結果まとめ

パソコンやスマホのデータを消失したり、取り出せない状況になった時に一般の方々は、どのような対応をするのかということがある程度判明しました。

実際に、4人中3人は何らかのデータ消失、もしくはデータを取り出せないトラブルに遭っています。その中であきらめる人が45%いる一方、データ復旧業者に依頼する人は23.3%という結果になりました。

実際にデータ復旧業者にデータトラブルの相談をする人は12.3%と少なく、まだまだデータ復旧に関する意識が行き届いていないと感じます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる