サーバ仮想化の仕組みとメリット、デメリット

サーバ仮想化の仕組みとメリット・デメリット

誰でもすぐに理解できるサーバ仮想化の仕組みとそのメリット、デメリットのまとめです。

日頃使っているインターネット。Windows95が一般的に利用されるようになった時代から、ITが生活に与える影響は大きくなってきました。

インターネットで重要な役割を果たすのがサーバーと呼ばれるモジュールです。

ここでは、インターネットに置いて必要不可欠なサーバー、特に仮想サーバーについて解説していきます。

仮想サーバーとは?

サーバーとは、サービスを提供する側のコンピュータのことを指します。このサ-バーのおかげで、クラウドや、会社の中のイントラネットで、動画やテキストデータの保管や送付、運用を実施できようになりました。サーバーの場合、そのスペックや規模は普通のPCよりも高いことが多いです。

サーバーと一括りに言っても、実は種類があります。その中でも近年利用されるものに仮想サーバーと呼ばれるものがあります。

仮想サーバーとは1台のサーバーで複数のOSを動かすことができるようにプログラムされたサーバーのことを指します。

仮想サーバの種類と仕組み

仮想サーバーには2つの種類があります。それはホスト型ハイパーバイザー型です。

まずは、ホスト型についてですが、これはWindowsやMacなどのホストOSに仮想化ソフトをインストールすることによって、サーバーを仮想化します。

次にハイパーバイザー型についてですが、これはハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアを実際のサーバーへ直接インストールすることにより、仮想化されたゲストOSを直接制御します。

仮想サーバーと物理サーバーの違い

サーバーには2つの種類があります。1つめに仮想サーバー、2つめに物理的サーバーです。

仮想サーバーでは専用ソフトをインストールすることにより、一つのサーバーで複数のサーバーがあるかのような動作が可能です。

それに対して、物理サーバーは物理的に存在する1台のサーバーとして利用することしかできなく、仮想サーバーと比較すると使い勝手が違ってきます。

仮想サーバーを使うメリット

仮想サーバーを使うメリット・デメリット
仮想サーバーを使うメリット・デメリット

仮想サーバーの場合、1台のサーバーで複数のサーバーを利用できることと同等になるので、物理サーバーと比較するとコストを低くすることができます。また、サーバーを設置するユーティリティスペースも最小限に留めることができるため、置き場所を配慮することもなくなります。

仮想サーバーを使うデメリット

1台のサーバーで複数のプログラムを動かすことができますが、個々の作業から見た場合、処理速度や性能面で不都合が発生することもあります。また、何かしらのトラブルが発生した場合は、その影響が実行中のOS全てに渡ってしまうため、悪影響が広範囲に広がる可能性があります。

仮想サーバーの使用事例

仮想サーバーの使用事例として、高レベルなセキュリティを確保できた事例があります。

これは、数千人規模の会員リストの管理や会費のオンライン決済などを行うWEB上のサービスで利用された事例で、仮想サーバーを利用することで、必要に応じたリソースを柔軟に利用できたということです。

この事例の場合は、ファイヤーウォールなどの不正侵入を検知することができるオプションを追加したおかげで、プライバシー情報をしっかり守ることができたということです。

まとめ

仮想サーバーは、既に日常の生活に浸透しており、物理サーバーよりもコストやユーティリティスオペースの点で大きなメリットがあります。これからも、仮想サーバーの利用は広がっていく事でしょう。

【参考サイト】

仮想サーバとは? 物理サーバとの違いや導入のメリットを解説 | TOKAIコミュニケーションズ AWSソリューション (tokai-com.co.jp)

仮想化サーバーの障害事例-データ復旧のことなら「A1データ」へ | 「調査費無料 成功報酬」 HDD/SSD/RAID/PCのデータ復旧は【A1データ】|創立から25年間信頼され続ける実績 (a1d.co.jp)

【初心者向け】仮想サーバーとは?メリット・デメリットを解説|ICT Digital Column 【公式】NTTPCコミュニケーションズ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる